社会

【ゴーン逮捕】日産は今後どうなる?辞任の可能性についても!

日産自動車の会長である「カルロス・ゴーン」氏が逮捕されました。

逮捕の理由は「金融商品取引法違反」とのこと。

ではゴーン氏の逮捕を受けて「日産の今後はどうなるのか?」について見ていこうと思います。

また「ゴーンの辞任」や「日産株の動向」についても気になりますね。

それらの詳細について見ていこうと思います。




ゴーン逮捕で日産は今後どうなる?

日産は今後どうなるの?

今回の「ゴーン逮捕」を受け、今後の日産はどうなるのでしょう?

現時点でははっきりとしたことはわかりませんが

  • 報酬の過少申告(億単位)
  • 日産の会長が”脱税”を働いた
  • 「ルノーのCEO」「日産自動車の会長」「三菱自動車工業の会長」である

という点からまず考えられるのは「CEO及び会長の辞任」だと思われます。

では実際、ゴーンの辞任はあり得るのでしょうか?

ゴーンの逮捕で辞任の可能性は?

こちらについては「可能性としては考えられる」と思われます。

CEOや会長の座に座っているゴーン氏が、今後保釈などで戻ってきても、その役に居座るのは困難です

周囲の目もありますし、今後同じようにCEOや会長が出来るとは考えにくいかと。

なので遅かれ早かれ自ら「辞任」の意向を示すのは時間の問題だと思われます。

そうなると、次期CEOや会長なども今後注目されるでしょうね。




日産株の動向についても!

ゴーン逮捕で日産株はどうなる?

可能性としては「日産株が下がる」のは容易に想像出来ますね。

なんと言っても日産の会長が脱税で逮捕というのは衝撃が大きすぎます。

今後の動向はかなり気になるところですが、ある意味「日産株の買い時」なのかもしれません。

ところで、ツイッターでは今回の「ゴーン逮捕」を受けどのような反応をしているのでしょう?

ツイッターの反応は?

ゴーンの逮捕後については?

ではゴーン氏はこのまま逮捕され、どうなるのでしょう?

現実的な見方としては「賠償金を払って保釈」というのが妥当のように思えます。

なんと言っても、3つの大手自動車会社のCEOや会長を務めている人物です。

流石に逮捕され、長期間留置場というのはやや考えにくいです。

立場上、賠償金を払うこと自体は何も問題も無いですからね。




(Visited 1 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 和田竜人のおじさんの家や名前を特定か?職業や誘拐理由の真相も!
  2. harenohiの夜逃げは計画倒産!篠崎洋一郎の顔画像や詐欺罪に…
  3. 篠崎洋一郎社長の家族や出身高校が明らかに!逮捕もあり得るか?
  4. 荒川化学工業で爆発事故 爆発の原因や火災の様子も!静岡県富士市で…
  5. 【清水勝護(TL)】顔画像や家族の詳細は?ツイッター&…
  6. ハレノヒ社長が逮捕されない理由まとめ!被害者はどうすればいい?
  7. 和田晃一良の資産がこちら!逮捕で実家にも影響が?計画倒産の噂も!…
  8. アップル社員が解雇 娘への非難が酷い件!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

社会ニュース

芸能ニュース

スポーツ

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 【2020年】御殿山(公園)の桜の見頃は?駐車場やライトアップについても!
  2. 【2020年】日比谷公園の桜の見頃は?ライトアップや屋台について!
  3. ミンユラのポロリが話題に!衣装がはだけるハプニングにネット民騒然!
  4. 赤木俊夫の経歴や年齢を隠す理由! 遺書内容と関係あり?
  5. 韓国で地震情報 被害状況が日本と大違い!大丈夫なのこれ・・・?




こちらも読まれてます

NHK受信料 裁判(寺田逸郎)は合憲と判断!断り方は今後どうしたらいいの?

『NHK受信料の裁判で合憲と判断したのは寺田逸郎!断り方は今後どうしたら・・・』…

新田真剣佑の子供時代が壮絶過ぎる!母親の過去も判明!

『母親にこんな過去が!?新田真剣佑の子供時代が凄すぎる!』…

【2020年】土師ダムの桜の見頃は?ライトアップや屋台についても!

ここでは2020年における「土師ダム」の「桜の見頃」について紹介します。また、お花見をする上…

小平奈緒の得意種目は1500ではなく500と1000m!その理由は?

『小平奈緒の速さの秘密って何?500・1000mの経歴が凄すぎる・・・』…

【2020年】京都御苑の桜の見頃は?夜桜のライトアップや駐車場についても!

ここでは2020年における「京都御苑」の「桜の見頃」について紹介します。またお花見をする上で…

PAGE TOP